ゴールデンウイークがやってきました。

さてそろそろ単衣の着物を出してみましょうか、という頃ですが、夏の着物を検討するなら、まさに今です。

着物は反物を選んでお誂えを依頼する、オーダーメイドが基本。

出来上がるまでに1〜2か月を要することも珍しくありません。

今年こそ、マイサイズの夏着物や浴衣が欲しいと思っている方、さっそく着物店を覗いてみましょう。

ところで、夏着物にもいろいろな素材がありますが、カジュアルな着物として最近私が注目しているものを2点紹介いたします。

 

綿ちりめん

木綿糸に強くよりをかけて布にした素材です。

「ちりめん」の名の通り、細かいしぼがあるのが特長です。

細かい凹凸があるため、汗ばむ時季でも肌に貼りつくことなく、快適な着心地です。

柄や雰囲気によっては、初夏の単衣の時季から秋の単衣の時季まで、着用期間を長くできるのも嬉しいところです。

セオアルファ

繊維メーカー・東レが開発した新素材です。

ポリエステルですが、従来のものとは違い、サラッとした肌触りと吸湿性の良さから、浴衣や夏着物として着物ブランドにも積極的に取り入れられています。

おしゃれで洗練された柄も多く、特長ある着物ファッションを楽しみたい方にもおすすめです。

夏の着物の美しさや楽しさは、暑い季節にも着ていたいと思えるほど魅力的です。

皆さまもぜひ、夏の着物ファッションを楽しんでくださいね。