帯留めは、帯を飾るアクセサリーです。

宝石が付いているジュエリーのようなものや、アンティークなものには憧れますが、実は簡単に手作りできるのも帯留めの魅力なのです。

手作りするのに用意するものは、帯留めにしたいパーツ、帯留め金具、接着剤。これだけです。

手作りアクセサリーのパーツを扱っているお店では、ネックレスや指輪の金具と共に、帯留めの金具も売っているところがあります。

貴和製作所パーツクラブなどがそうです。

楽天市場Amazonでも見つけることができます。

その帯留め金具に、帯留めにしたいパーツを接着剤で貼り付けます。

すると帯留めの出来上がり。とても簡単です。

上の写真は、私が作った帯留めの一部です。

裏はこのような感じになっています。

裏側についている金具が帯留め金具です。

この金具に三分紐などを通して使います。

ご覧になってお分かりのように、金具の表面は平らになっているので、帯留めにするパーツは裏が平らなものでなければなりません。

そうでないと接着剤でつけるのが難しくなるからです。

裏に凹凸があるものなら、パテなどで平らにしてから金具をつけましょう。

箸置きやタイルなどは、帯留めのパーツとしておすすめです。

アイデア次第でオリジナルな帯留めが手軽にできます。

皆さまもどうそやってみてくださいね。