クリスマスが近づいてきました。
年末近くなると、忘年会やクリスマスパーティが楽しみな時期ですが、こういうときこそ着物を着て行きたいですね。

どうせ着物を着るのなら、クリスマスにちなんだコーディネートで決めたいですね。
ところが、12月に入った今から着物のお仕立てを依頼するとなると、確実にクリスマスまでに間に合うとは言い切れません。
そこで今回は、毎日のブログ苺memoに掲載したものの中から、今からでも準備できそうなものを紹介します。

クリスマス柄の帯

これはネット通販で購入した京袋帯です。
お太鼓部分にはサンタクロースのオーケストラ。たれ先にもラッパを吹いているサンタがいます。
前柄にはサンタクロースのコーラス隊があしらわれていて、クリスマスシーズンにふさわしい楽しい帯となっています。

この帯は京袋帯ですが、名古屋帯や半幅帯でもクリスマス柄のものはたくさんあります。
特に半幅帯は、お求めやすい価格帯のものもありますし、気のおけないお友達とのカジュアルなクリスマス会などにぴったりだと思います。

インターネットの通販サイトには、着物関係でも季節商品がたくさんありますので、いろいろなサイトで複数の商品を比較して検討してみるのも良いと思います。
クリスマス関係の柄は、サンタクロース以外にもクリスマスツリー、オーナメント、スノーマン、クリスマスリースなどあり、雰囲気もポップなものからシックなものまでいろいろですので、ご自分が目指すコーディネートに合ったものを選んでください。

在庫が少ないものは早く売り切れてしまうこともあるので、ご注意を。

クリスマスモチーフの帯留め

帯と同じく、ネット通販には帯留めもクリスマスをモチーフにしたものが数多く存在します。
帯留めは小さいものですが、普段のコーディネートにプラスするだけで、クリスマスコーデが出来上がります。

帯留めは手作りすることもできるので、いくつか紹介しましょう。

これは100円ショップで買ったクリスマスツリーのオーナメントに金具をつけて、帯留めにしました。
裏側はこのように金具が付いています。

作り方は簡単です。
用意するものは、帯留め金具、帯留めにしたいパーツ、接着剤です。
パーツの裏と金具を接着剤でくっつけて、完全に乾くのを待つだけ。

帯留め金具は、アクセサリーパーツのお店で手に入ります。
安いものは100円程度から。高くても数百円といったところでしょう。
大きさはいろいろあり、帯締めを通すためのリングがあることは共通ですが、パーツを取り付ける台となる部分に種類があるので、取り付けたいパーツの大きさに合ったものを選んでください。

もう一つはサンタクロースの帯留めです。

このサンタも100円ショップで購入しました。

それから、こちらはブローチを帯留めにしてみました。

ブローチの裏にはピンがついていますが、そこに帯締めを通すことで帯留めとして使うことができます。
ブローチはたいていピンが横向きについていますので、帯締めとして使うとなると横向きになってしまいます。
横向きにしてもおかしくないようなブローチで試してみてください。

ブローチピンにつけて帯留めにできる金具も売っています。

色づかいでクリスマスらしいコーディネート

クリスマスカラーといえば、赤と緑、それから白でしょうか。
普段のコーディネートに、これらの色をプラスすることでクリスマス気分を味わってみませんか?

赤い帯と緑の小物のコーディネートです。
首にはモヘアのマフラーを巻いてみました。

左の帯コーデは、赤の半幅帯に緑の帯揚げ、緑の三分紐、帯留めとなっているのはテディベアのブローチです。

ベアがクリスマスらしさを引き立ててくれています。

真ん中の写真では、帯締め(三分紐)の代わりに三つ編み状のベルトを使っています。
ベルトのバックルが中央に来るので、ベアのブローチは少しずらしたところにつけてみました。

ベルトは革製ですが、カジュアルな着物にも合わせられます。

右のコーデでは、ベルトを花のバックルが付いた金属製のものにしています。
金属の冷たさも、冬らしい雰囲気を感じられるアイテムです。

キラッと光るバックルが、クリスマスの季節に違和感ないものとなっています。

帯締めと帯揚げをクリスマスカラーにするというのはいかがでしょうか。
赤と緑の帯揚げを持っていたら、こんなふうにするのも面白いです。

赤と緑の帯揚げをリボン結びにしてかさねました。
衿まわりには手編みの付け衿をつけて、かわいらしさと暖かさを表現してみました。

帯締めの中には、2色に染められているものもあります。
赤と緑に染められていたら、クリスマスコーデに取り入れてみてはいかがでしょうか。

このほかにも、半衿をクリスマス柄のものにするとか、髪飾りにファーを使うなど、工夫次第でクリスマスコーデを楽しむことができます。

どうぞ皆さん、楽しいクリスマスを過ごされますように。